はじめまして、私は高校を卒業後Lancersなどで案件をこなすフリーランスとして働いています。


Lancersでは、主にライティング
の案件をこなしています。

私自身、高校の頃から文章を書くのは得意でしたのであまり苦にはなりませんでした。

高校生

しかし、高校生の頃の私は少し現実を甘く見ていました。

いざやってみるとインターネットや書籍などで言われていることとは違う現実にギャップを感じました。


この仕事の良い点として挙げ
られるのは、何より自分のペースで仕事を進められるというのが、いちばんの魅力でしょう。

しかし、それは同時に仕事の受注から納期何から何まで一切のこと全てを自らが行わなければいけないということでもあります
これを悪い点と捉えるかは人それぞれですが、私はこの点の認識が少し甘かったといえます。


私の例は極端化
と思いますが、私のように10代で目指される方にはがんばってもらいたいです。

絶対に損をしない引越し業者の選び方

地方など自動車が必須の地域では、家族がそれぞれ車を所有したり、同じ車を運転するケースが少なくありません。

長年無事故で運転し続けていれば、自動車保険の等級が上がり、保険料が次第に安くなるメリットがあります。

一方、家族の誰かが新しく免許を取得したり、新しく車を買って新規で加入する場合には等級が低いために保険料が高くなりがちです。

カバー

特にお子さんが20代など年齢が若いと保険料が高くなってしまいますが、家族間でカバーすることで保険料を抑えながら安心の補償を確保することができます。

その方法とは、年齢の高いお父さんやお母さんの車を子供に譲って、自動車保険の名義変更を行えば、お父さんやお母さんの等級が引き継げるため、保険料を抑えることが可能となります。


これは自動車保険の
保険証に記載された記名被保険者の名義を変更する手続きになります。


記名被保険者とは契
約車両をメインで使用する、保険証に記名される人物のことを指します。

名義変更に伴って等級が引き継げる範囲には限定があり、現在の記名被保険者の配偶者か配偶者の同居の親族、または現在の記名被保険者の同居の親族となります。

つまり、同居しているお子様なら等級引き継ぎが可能です
一方、進学
や就職などで別居している独身のお子様では等級引き継ぎができません。


同居のお子様に現在の
自動車保険の名義変更をしてこれまでの高い等級を引き継ぎ、引継ぎをした方は新規で車を購入して新規で自動車保険に加入することになりますが、年齢が高い分、保険料を安く抑えることができます。


なお、配偶者であれば、同
居していなくても等級の引継ぎが可能です。

たとえば、ご主人が単身赴任や海外赴任中に奥さまがメインで車を使いたい場合などに記名被保険者の名義変更ができます。


また、お子様への記名
被保険者の変更手続きなどのように、年齢条件や運転免許証の色が変更となると追加保険料の支払いが必要になり、逆に割引率が高くなる場合には既に収めた保険料の返金が発生することがあります。

車は変わらず、記名被保険者の名義だけが変わるケースのほか、補償の対象となる車の名義が変更になって車両の入れ替えが発生するケースもあります
たとえば、中古車を購入したり
、友人や親族などから車を譲り受けたようなケースです。


現在のお車と同じ用途や車種であれば、
補償内容や等級を継続したまま、車の入れ替えが可能です。


車の名義変更をしたら
、保険契約の車両保険をしてスムーズで安心のカーライフを手に入れましょう。

自動車保険の更新